自分にあったメイク方法など

ずっと憧れていた二重まぶたにしてメイクを楽しんでいます。

二重まぶたにしました。


私は生まれつきの腫れぼったい一重まぶたでした。
母親がくっきり二重で父親が腫れぼったい一重のため、小さな頃から父親にそっくりだと言われていました。
昔からそう言われることにとてもコンプレックスを感じていました。
普通にしていても目つきが悪く、いつも怒っているように見られました。
また目が悪かったので、遠くのものをよく見ようとして目を細めて見るクセがついていたので、さらに怖がられました。
今では黒木メイサのように切れ長なクールな目も素敵だなと思いますが、当時は二重まぶたが羨ましくて仕方がなかったです。
中学生になり、ファッション雑誌を読むようになってから化粧に興味を持ちました。
そしてアイプチの存在を知りました。
雑誌にアイプチの使い方が書いてあり、一重まぶたのモデルさんがぱっちり二重の可愛い目になっていて、
アイプチが欲しくなりました。
当時はあまりお小遣いはなかったのですが、どうしても欲しくて親に買ってもらいました。
実際にやってみたのですが、なかなかうまくいかないもので、腫れぼったいまぶたがなかなかうまくくっつかずに、
くっついてもとても不自然なまぶたになってしまいました。できればアイプチなしで二重にしたい…
それからは自然に二重まぶたになれるように色々試してみました。
今思えばとても危険ですが、爪楊枝や針のような先端が細いものでまぶたのあとがつくようになぞってみたり、
寝る時は無理やり二重を作ってからセロテープを貼って寝たりなど自分なりに試してみたのですが、
なかなかうまくはいきませんでした。いろいろと自力で二重まぶたにしようと思ったのです。
大人になり、とうとう埋没法でプチ整形をしました。
それまでやりたくてもなかなか勇気が出なかったのですが、
仲の良い友人が一重まぶたからキレイな二重まぶたに整形したからです。
それを見て私もこうなりたいと思いました。
母に相談すると 「やればいいじゃない。死ぬわけじゃないし、何とかなるよ。」 と言われました。
正直反対されると思っていたので驚きました。母のアドバイスもあり、プチ整形を決めました。
手術はやはり緊張しました。
縫う作業よりもまぶたに麻酔の注射をするのが痛かったです。
ですが勇気を出して手術をして本当に良かったと思います。メイクをするのがとても楽しくなりました。
そしてコンプレックスがなくなったので、自分に自信が持てました。
整形をすすめるわけではありませんが、悩んでいることが解消されるのなら整形をするのも悪くないのではと思います。
コンプレックスを持っているとふとした時にそれが邪魔をして、心から楽しめない時もあると思います。
でもコンプレックスが解消出来て毎日を楽しめるようになるなら、リスクなどを理解していれば、
やっても良いのではないでしょうか。今も二重まぶたはキレイなままです。
手術をする時に、「腫れぼったいから幅がどんどん狭くなってくるかもしれない」 と言われていましたが問題ないです。
毎日のアイメイクがとても楽しく、最近は新しいマスカラやつけまつげを探して試す事が好きです。
二重まぶたはやはり目が大きく見えるので、目つきが悪いと思われなくなりました。
コンプレックスを解消することが出来て本当に良かったと思います。
二重まぶたにする方法は整形以外にもいろいろあると思いますので、
自分が納得いく方法で後悔しない方法を選んでくださいね。